女性のためのお勧め婚活サイト比較人気ランキング

中国では結婚できない男性が3400万人。一人っ子政策の深刻なツケで「嫁」は買われる存在。

「一人っ子政策」の弊害

中国が急激な人口増加を抑制するため1979年から2015年まで施行していた「一人っ子政策」。
しかし、それが原因で男女比率のバランスが崩れ、結婚したくてもできない「光棍(こうこん)」と呼ばれる独身男性が急増し、深刻な社会問題となっています。

 

国家統計局が発表した最新の人口統計の数字によれば、2015年末の時点で、中国の総人口において男性人口が70,414万人であるのに対し、女性人口が67,048万であった。

簡単に計算すれば、総人口において男人口は女人口より3,388万も多くなっており、男女人口のバランスが完全に崩れていることが分かる。

 

というのも、今の総人口における男女比率のアンバランスを生み出した最大の原因は、1970年代、80年代、90年代にわたって、中国政府が国策として推し進めた「一人っ子政策」にあったからである。

その約30年間、「一人っ子政策」が強制的に実行されていた中で、中国の総人口の6割、7割(当時)を占める広大な農村地域では一つの異変が起きた。

当時の農村では社会保障制度がまったくなく、農民たちにとっての唯一の老後の保障はすなわち自分の子供である。
その際、成人すれば余所の家に嫁ぐ女の子は老後の保障にならないのは自明のことだから、農民たちの誰もが女の子よりも男の子が欲しがる。
しかし「一人っ子政策」の中では「一太郎二姫」のように産むこともできない。

こうした中で、どうしても男の子が欲しい多くの農民たちが驚くべきほどの「対策」をとったのである。
一部の人々は生まれたばかりの女の子を「死産」と称してその場で「処分」してしまい、多くの人々は出産の前に胎児が女の子だと分かると、それを堕してしまうのである。

通常の男女比率は105対100で男性が5人多いだけですが、「一人っ子政策」中の80年代では136対100で男性が36人も多いのです。

今後一体どれほどの男たちが結婚できないのかについて専門機関では「今後数十年間約3,400万人の男たちが一生結婚できない」ということです。

 

「余剰男3400万人」から発生する問題とは

「農村地域における売買婚姻の氾濫や性犯罪の多発」などの問題として、結婚を正式に決める前に、新郎側の家は新婦側の家に一定金額の現金を送る風習である。日本の場合の結納金にあたるが、中国で特に問題となっているのは、その吃驚するほどの相場の高騰である。

 

湖南省、山東省、浙江省などでは彩礼平均相場は10万元(約160万円)であるが、旧満州の東北地方や江西省、青海省となると、どういうわけかそれは一気に50万元台に跳ね上がっている。極め付きは上海と天津で、両大都市の彩礼相場はなんと100万(約1600万円)元台に上っている。

経済大国の日本の都会部でも、「結納金1600万円」となったら、たいていの親が度肝を抜かれてしまおうが、中国の農村部となると、それはなおさらの法外な高額である。

 

年収の10倍以上、日本の感覚でいえば要するに数千万円以上か億円単位のお金を出して嫁をもらうこととなっているが、それはもはや「人身売買」同然の世界である。実際、上述の陝西省農村地域では、「嫁を買う」というのは日常的慣用語となっている有様である。

 

男女人口比率のバランスがすでに崩れた中で、3400万人と言われる「光棍」たちの結婚相手は国内ではそもそもいないから、どんな政策手段を講じていても、彼らに結婚させることは物理的に不可能なのである。

一部の学者やネット民からは、移民政策を進めることによってこの3400万人の男たちの結婚問題の解決を海外で活路を見いだすべきとの意見が数多く上がってきている。端的にいえば要するに、中国国内で結婚できない男たちの大軍を海外へ行かせて嫁を探させよう、という発想である。

 

しかし、中国国内で貧困層の彼らは外国に移民したとしても、一体どうやって現地の女性たちを引き寄せて自分の嫁にすることができるのか。

それが結局、犯罪の蔓延や暴動の多発などの中国の国内問題をそのまま外国に輸出」してしまうこととなろう。

 

日本人女性は大歓迎されます。

 

いかがですか。日本で結婚できない女性達は中国に行けばモテモテです。

しかも、結納金が1600万円ももらえます。中国に行く価値はありますね。でも、農村部に行くのは止めておいたほうがいいです。

あくまでも都会のお金持ちの男性を捕まえましょう。

 

でも、さすがに文化の違いは戸惑いますよ。

先ずはトイレの問題です。床にアナが開いているだけのトイレは未だに一般的です。

個室ではなく仕切りも無いところが普通です。

 

慣れればどうということはない・・・そんなこと無いと思いますが。

 

日本人男性は女性よりも少ない?

 

日本の場合は男女比はほぼ同じですが、「結婚しない」「結婚したくない」男性が多いのです。

結婚適齢期の男性で経済的にも社会的にも頼れる男性はどこで見つければいいのでしょうか。

 

SNSでも見つかるでしょうがやはりここは「結婚相談所」がベストです。

自分の将来50年以上共にするパートナーは「しっかりと素性を吟味できる」結婚相談所で探しましょう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
婚活サイト資料を一括無料請求可
東京でのお勧め結婚相談所
凄腕コンシェルジュがいる結婚相談所
東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡・静岡・北海道限定の方にお勧めです。