女性のためのお勧め婚活サイト比較人気ランキング

婚活市場の男女比は3対7。余りはじめる女性はどうする?

10年前の婚活市場は6対4でした。

10年前と言うと2005年になります。

小泉元総理が現役で活躍をしている頃で、初めて日本の人口が減少に転じた年でもあります。

 

当時の婚活市場は男女比率がおおむね男6:女4で男性が多い状態でした。

 

会員さんの登録やお見合いパーティの参加状況からも常に男性過多でしたので、

需要と供給の観点からみれば、当然女性側にお見合いのお申し込みが集まる可能性が高くなります。

 

女性側も待っていればある程度お申し込みが期待できる状態でした。

 

2015年は女性が余り気味

 

ところが現在の状況は男4:女6、あるいは男3:女7ぐらいで女性の比率が高い場合もあります。

 

巷のパーティイベントなどを見ても、一部の例外を除いてほとんど女性から埋まっていき、

比較的早い段階で「女性の受付は終了致しました」というイベントが多いのが実情です。

 

本当の原因とはこういうこと

 

「昔は男性が多くて女性を会員登録するとすぐに、

お見合いの申し込みでいっぱいになったものだけど最近はそんな事が無くなった。

 

逆に、条件やルックスがそこそこの男性を登録すると、

すぐにお申し込みが殺到してあっという間に成婚してしまう。時代は変わったなと思う。」

 

というのはある結婚相談所の室長さんの言葉です。

 

 

「今は待っていても自分が望むような条件の男性からお見合いのお申し込みが入る可能性が低い!」

と言うのが婚活市場の実情なのです。

 

なぜこうなったのか?それは

結婚したがらない男性が急増しているからなんです。結婚に消極的な男性が増えています。

 

すべての男性がそういう男性ばかりではありません。結婚したい男性もたくさんいます。

 

積極的に男性を獲りにいく時代です

 

そのために婚活サイト・結婚情報サイトが有るのです。

自分の理想の条件にあった男性を探すには、専門のサイトで探すと早いです。

 

ルックスも収入も学歴も身長もあるイケメン?の医師だけを紹介するサイトだってあるんです。

もちろん競争に勝つには行動は早いほうがいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
婚活サイト資料を一括無料請求可
東京でのお勧め結婚相談所
凄腕コンシェルジュがいる結婚相談所
東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡・静岡・北海道限定の方にお勧めです。