女性のためのお勧め婚活サイト比較人気ランキング

年収3000万円の男性が求める妻とは?

玉の輿に乗れる資格のある女性とは?

毎週のように高いお金を払い、高収入の男性が集まる見合い会場や合コンなどに出席する女性がいます。

彼女たちは 『年収1000万以下はありえない』 『3高(死語)でなければ結婚できない』 と

男性に対してかなり厳しい条件を求めています。

 

では逆に、年収数千万の男性たちはどんな女性を求めているのでしょうか?

はたして彼女達はそんな男性達のお眼鏡にかなう女性なのでしょうか。

 

年収数千万の男性が求める女性像とは?

年収数千万を稼ぐ男性の求める女性とは

ズバリ『自分の生活にとってリスクヘッジになる女性』 です。

リスクヘッジ???さてどういう意味でしょうか。

 

年収数千万の男性の労働環境はとてつもなくリスキー

年収数千万の職業とは、主に外資系金融機関や上場企業役員クラス、
後は開業している医者、弁護士、パイロットなどが挙げられます。
これらの職業に共通することは労働環境が普通のサラリーマンとは
全くの別次元であることです。一言でいえばすさまじく忙しい環境なのです。

 

経営者と同様に、とても忙しくまた責任重大の立場であり、

社員の不祥事や経営の失敗などの責任をTOPであるがゆえに負わなければなりません。

 

こういった忙しい立場にあるからこそ、彼らは数少ない休みでたくさんお金を使うのです。

いや、逆にそのときでないと使うヒマがないのです。

せっかく稼いだのに税金でもっていかれては悔しいですから。

 

 

年収数千万の男性が避ける女性とは?

 

『そんなに忙しいなら私が妻になって毎日使ってあげるわ』 なんて考えている人はいませんか?

そういったタイプは高収入の男性から最も避けられるタイプです。

年収数千万を稼ぐ男性はとても賢く自分の資産環境に逐一目を配っています。

自分の収入に合った貯蓄、運用を設計をたてているのでそんな浪費癖のある人などお断りなのです。

金に糸目をつけずに買ってくれるという人は人生設計ができておらず遠からずに破産する運命にあります。

 

だからこそ妻をリスクヘッジしたいのです

 

リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、

リスクに対応できる体制を取って備えることです。

 

年収数千万の男性は自分の労働環境が非常にリスキーであることを認識しています。

なので彼らが望む女性は「リスキーである自分の労働環境を理解してくれて、

万が一の時には自分を食べされてくれることができる女性」になります。

 

自分と同じくらいのスキルを持ち、自分にリストラや責任をとらされた万一の事態になったとき

自分の代わりに食べさせてくれる保険のような存在を求めているのです。

 

自分と同じくらいのスキルをもつ女性を求める傾向が強いのですから、

高収入の男性は高収入の女性と結婚することも多いのです。

 

忙しいですから出会いも限られています。一番の理由はやはり自分の境遇を理解してくれて、

万一の時の保険になってくれるという条件を満たしているからですね。

 

 

結論・年収数千万男はこんな女性を求めている

 

 

結論として、年収数千万プレイヤーの妻になりたいのなら

自身のレベルを数千万プレイヤーへ上げなければいけないということです

身分相応という言葉のとおりですね。

 

理想の男性を追い求めるのは個人の自由ですが、

あなた自身がその理想の男性にふさわしい条件を満たしていることが一番重要なことなのですね。

 

例外として、

以前アラブのある国の王族がたまたま日本に来たときに会った日本人女性に一目ぼれしてしまい、

そのまま后となったというシンデレラストーリーもあるんです。

これは狙って出来るものではなく奇跡の偶然に過ぎません。

 

ちなみに プレジデント誌によると、

20歳から49歳までの 「バツなし未婚男」 で年収1000万円以上の割合はわずか0.4%となっています。

 

「バツなし未婚男」 の中で年収1000万円以上の男性をさがすことは、

ほとんど宝くじの当たりを見つけるようなものです。

 

例えば年収1,000万以上の男性を探している30代の女性が

お目当ての人を見つけたという話を聞いたことがあるでしょうか?

 

年収数千万男性という宝くじを求めつづけていませんか。

永遠になれないシンデレラを夢見て無駄な努力を重ねたりしていませんか。

 

 

現実を知るということ「35歳男性の平均年収は500万円」

 

「年収数千万男性をあきらめろ」とは言いませんが、ここでは現実をみつめましょう

という提案をいたします。

 

 

073101

DODA デューダの2014年資料から35歳男性の平均年収です。

400万円台がボリュームゾーンですが、400万円以下も28%います。

 

逆に600万円以上も25%います。

ここを平均以上とすると先ほどの30人の男性の中のたった7~8人と言うことになります。

この7~8人を60人で奪い合うわけですが、婚活女性としてはこのゾーンを狙いたいですね。

 

そこで、自分の周りの独身男性の年収を知る方法が無い未婚女性たちは

結婚情報サイトや結婚相談所に入会して

「いち早く条件に合う男性をゲットする」のがベストな方法なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
婚活サイト資料を一括無料請求可
東京でのお勧め結婚相談所
凄腕コンシェルジュがいる結婚相談所
東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡・静岡・北海道限定の方にお勧めです。