女性のためのお勧め婚活サイト比較人気ランキング

「30代婚活女子」が結婚できない原因3つ

いわゆるアラサーのみなさん。結婚したいですか?

 

結婚願望があるからこそこのサイトにたどり着いたのですよね。

ところがこんな調査があります。

宝島社の雑誌『InRed』が“30代婚活女子”の市場価値をリサーチしたところ、オソロシイ事実が隠されていたのです。

今回は、なかなか結婚できない30代婚活女子にありがちな勘違いともいえる、NGな真実を3つご紹介します。

 

■最大の敗因は計算ミス!?

 

早稲田大学で恋愛論を教える教授の森川友義氏によると、婚活に苦戦している30代女性にありがちな原因として、

婚活市場における自分の“市場価値”を勘違いしている点だと指摘します。

 

 

具体的には、「男女はそれぞれの市場で同程度の価値がある人と結びつく」

というルールの計算ミスが失敗につながっているのだとか!

いったいどういうことなのでしょうか。もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

■勘違い1:自分の市場価値の過大評価

 

バリキャリなどの女性にありがちな勘違いが、仕事がデキて美容への意識も高い自意識過剰系の勘違いのよう。

男性は、結婚相手に癒やしを求めているため、

自分ではパーフェクトな女性に近いと自信がある女性でも、婚活市場では30点になってしまうという場合がよくあるのだとか。

 

 

■勘違い2:相手の市場価値の過小評価

 

同発表によると、女性が男性に求める平均年収で一番割合が多いのは「600万円以上」で39.2%にも達します。

一方、実際に600万円以上稼いでいる独身の男性はわずか3.5%にしか満たないという調査結果もあるんです。

 

20代の男性で600万円以上というのはハードルが高いでしょう。

でも、年齢を「35歳の男性と限定」すると25%もいます。この事実はこのサイトでも調査していますね。

2014年の平均年収は500万円です。

 

073101

 

このような場合に、女性側が「普通でしょ」と思っている条件でも、現実としては高い理想を求めているケースもあるよう。

これだと、なかなか納得できるお相手に巡り会えませんよね。

 

■勘違い3:狙うべき男性層の見誤り

 

結婚相手として合格!と思える男性は、他の女性から見ても優良なオトコであるはず。

つまり、30代女子が「普通」だと考える同世代の男性は、次々に売れて市場から減っていく一方なのが事実。

 

だからこそ、不特定多数との出会いの場よりも、きちんとしたオトコに出会えるチャンスを狙い、

その機会を逃さないようにしなければならないのだとか!

変なオトコや、ビミョーなオトコに付き合っている時間はありませんっ。

 

いかがですか?

「イイな、と思うと既婚男子で……」という声を、筆者もよく耳にします。

婚活に苦戦している自覚がある方……、心当たりがありますか?

 

婚活は早い者勝ち! 強い味方が結婚相談所です。

 

まずは、 利用者の口コミ評判が一番いい「パートナーエージェント」です。

3ヶ月で結果を出す「パートナーエージェント」 の記事を参考にしてください。

 

3ヶ月間で紹介した人からYesが無く出会いが成立しない場合

「登録料を全額返金します」それだけ自信があるということですね。
コーチングという人材開発の手法を取り入れたコンシェルジュと

一緒になって「理想の結婚」というゴールに向かうには自分への自己投資が必要です。

 

パートナーエージェントはその目的を最短距離でかなえてくれる会社のひとつです。

全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェントはこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
婚活サイト資料を一括無料請求可
東京でのお勧め結婚相談所
凄腕コンシェルジュがいる結婚相談所
東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡・静岡・北海道限定の方にお勧めです。