女性のためのお勧め婚活サイト比較人気ランキング

LGBTでも、結婚をあきらめないで!!「友情結婚相談所カラーズ」があります。

男女の恋愛結婚以外の結婚を希望される方が増えています。

 

友情結婚・共生婚・契約結婚などの恋愛ではない結婚を希望される方は、少なからずいらっしゃいます。

例えば友情結婚とは、恋愛による婚姻関係(恋愛結婚やセックス・性的関係がある結婚)を考えるのが困難な人同士が性愛関係なく婚姻関係を結ぶことといわれています。

・20代から50台の方でLGBTを含むセクシャルマイノリティの方。

・異性と性的な関係を持つことに抵抗が有る方。

・自身のマイノリティを誰にも言いたくなくて、恋愛結婚に疑問を持っているものの、結婚を希望されている方。

そういった方々でも、自分が自分らしくいられて一緒に生活したい人と結婚したい願望は有ります。

ただ、どうすればいいのか。どこに誰に相談すればいいのか分からないのです。

 

LGBTに成りたくてなっているのではありません。

おさらいです。

LGBTとは、性的少数者の総称を言います。
「レズビアン(女性同性愛者)」「ゲイ(男性同性愛者)」「バイセクシュアル(両性愛者)」「心と体の性が一致しないトランスジェンダー(性同一性障害など)」の頭文字をとって名付けられました。

自らのことをポジティブに語る言葉として北米・ヨーロッパで生まれ、現在では世界中で使われています。

他のマイノリティとしては

・インターセックス(I)=身体的に男女の区別がつきにくい
・アセクシュアル(A)=無性愛者(同性も異性も好きにならない)
・クエスチョニング(Q)=自分の性別や性的指向に確信がもてない

という場合もあります。

現在、世界のLGBTの割合は、成人約7万人のうち7.6%(約13人に1人)が当事者というデータがあります。これは日本人における左利き、AB型の人と同じ割合です。

もちろん、誰もがそうなりたくてなっているのではなく、自分の自然な感情を突き詰めた結果が「LGBTを含むセクシャルマイノリティである」ということなのです。

 

日本におけるLGBTへの対応と現状

日本ではまだLGBTに対し差別やいじめがあるのが現状です。
日本政府は、いじめ防止基本方針はLGBTついて一切触れていないまま、LGBTなど弱い立場の生徒について全く記載されていない他、LGBTに関する教員研修が存在していません。各教員のLGBT観に全面的に左右されていると言わざるを得ません。LGBTの人がいじめに遭い、亡くなるという事件もありましたが、未だ根本的な解決には至っていないのです。

また、異性カップルと同等の権利が法的に保障されていないということもあります。
例えば、共有財産の許可・子供を持つこと・遺産の相続についても法的整備が進んでいません。

しかし、動きが見られたのは2015年。

東京都の渋谷区と世田谷区が、同性カップルに「結婚に相当する関係」を証明する公的な文書の発行を始めました。兵庫県宝塚市も2016年6月から証明書を発行する予定で、性的少数者(LGBT)に配慮しています。民間企業にも同性カップルの結婚式を提案する結婚式場や、社内制度を改めて結婚祝い金を出す企業も出ています。

 

カミングアウトへの不安と影響

未だ日本でのLGBTのカミングアウトにはハードルが高いのが現状です。男性管理職が偏見を持ちやすいと言われ、部下としてどのように扱っていいのか分からない…との声が多く挙がっています。

「同じ職場にいてほしくない」「気持ち悪い」「生理的に無理」などと差別を受けるケースも珍しくなく、職場となると異動などで上司や同僚が変わる度にLGBTであることを告白する必要が出てくるのも大きな悩みの一つでしょう。

 

現状の結婚制度について

LGBTの結婚制度については課題が山積みです。
法律上、パートナーシップ法や同性婚を認める法律は存在していません。その為、パートナーとの関係性も法的には保護されていないということ。同性婚を法的に認めるか否かの議論は進んでいないのが現状です。

そこで着目されているのは、憲法第24条1項の争点について。
憲法第24条1項には「婚姻は両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」と記されているものの、「両性の合意」「夫婦」は男女のみを指すものかどうか。というところです。これからも審議がされていきそうです。

 

友情結婚・共生婚・契約結婚希望者の強い味方

 

LGBTと限定しなくてもすべての友情結婚・共生婚・契約結婚などの恋愛ではない結婚を希望される方へお勧めの相談所があります。

恋愛じゃない結婚をしたいなら友情結婚相談所カラーズ

カラーズは、友情結婚・共生婚・契約結婚などの 恋愛ではない結婚を希望される人のための 日本で唯一の結婚相談所です。

「草食系男子」という言葉が出てからだいぶ久しいですが、世の中にはそういう人は意外とたくさんいらっしゃいます。結婚はしたいけどセックスはそんなにしたくは無い場合はどこに相談しますか。

自分のマイノリティを誰にも言いたくなくて恋愛結婚に疑問を持っている。でも、結婚を希望される場合はどこに相談すればいいですか。

 

友情結婚相談所カラーズ はそんな方々の相談相手になってお相手を探してくれる強い味方です。

こんな方々が参加されています。

・20代〜50代のLGBTを含むセクシャルマイノリティの方(ゲイ、レズビアン、バイ、アセクシャル、ノンセクシャル等)
・異性と性的な関係を持つことに抵抗が有る方
・自身のマイノリティを誰にも言いたくないけど結婚を希望されている方。

友情結婚相談所カラーズの特徴

・他社よりはるかに高い成婚率「32.1%」!

対面式によるバックアップ体制でアドバイザーが親身にサポートします。

・ご入会後3か月以内にお見合いが実施できた割合「94%」!

専門のアドバイザーが第三者の視点から、会員様の条件と人柄に合う人物をご紹介します。

・友情結婚経験者が活動・交際を直接フォロー!

友情結婚経験者の婚活・結婚生活の体験談や知識を得ることもできます。

 

まずは、紹介サイトをご覧ください。

2 件のコメント

  • Terrance より:

    アイアム ゲイ 笑

    • 管理人 より:

      Hello Terrance.
      Thank you for comment.
      You should talk with matrimonial agency “colors”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
人気の1ヶ月無料体験があります。

婚活サイト資料を一括無料請求可
ライブ動画配信のモデル募集中です。

東京でのお勧め結婚相談所
凄腕コンシェルジュがいる結婚相談所
東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡・静岡・北海道限定の方にお勧めです。